アパレル バイト 体験談

アパレルのバイト体験談6|税金対策のショップ

ブランド品を扱う小さなお店でのアルバイトをしたことがあります。

 

ものすごく暇なお店で、社員2人とアルバイト2人と店長で運営していました。
こんなに暇で、よくお店がもつな〜と思うくらい暇でした。

 

聞いたところによると、オーナーが別の事業をしていて、
税金対策か道楽で経営しているお店だから
売り上げがなくてもいいということでした。

 

4人はすごく仲が良くて、毎回バイトに行くのが楽しみでした。
仕事をしに行くという感覚はほとんどなく、しゃべりに行っていたようなものです(笑)

 

最終的には店長が問題を起こして、そのお店は閉店となってしまいました。

 

 

路面店でのバイト

 

私は客層がファミリー層で路面店のお店でアパレルのバイトをしていました。

 

お客様の入りが極端で、平日の昼間はかなり少なく
どうやって時間を潰そうか考えているぐらいお客様が入りません。

 

土日は店内を走り回るほどの忙しさで
とても定時に帰るということは言えなかったし無理でした。

 

後、大変だったのは路面店ということもあり
夏は暑く冬は寒かったので、体調を整えるのが大変でした。

 

色々なお客様がいらっしゃって、接客としてはすごく勉強になりました。

 

 

エスニック雑貨のお店の店員

 

素敵なエスニック雑貨のお店があって、
お客として良く利用していたのですが、バイトを募集していたので応募してみたら
採用していただき、お気に入りのお店で働くことになりました。

 

小さなお店でしたが、エスニック系のカバンや財布、
帽子にアクセサリーなどどれも欲しくなるような商品がいっぱいで
時間給は安かったのですが、スタッフ同士もみんな仲が良くて、毎日がとても楽しかったです。

 

接客は慣れていなかったので、最初は緊張しましたが
慣れてきたら少しずつ接客できるようになって
初めて私が勧めた商品を販売できたときは、すごく嬉しかったです。

 

それにお店のディスプレイをどんな風にするのかを考えたりするのがかなり楽しかったです。
ディスプレイしていると夢中になって、時間が経つのを忘れていました。